かわちの社労士事務所 | 東大阪市の社労士事務所です!

お電話でのお問い合せ

新年のごあいさつ 「鳥のように自由に」生きることの難しさを思う

年賀状2017 ← クリックすると画像が見られます。

 

新年 明けましておめでとうございます。

 

開業5年めの新年は、スタッフとともに迎えることとなりました。

「鶏のように羽ばたく年にしたい」と賀状にも書きました。

大空を自由に翔るというよりも、

懸命にもがくことで、地面から浮遊するイメージです。

しかも、喧しく鳴き声をあげながら。

 

「鳥のように自由な労働者」という言葉があります。

・ 自分の労働力を市場で売ることができる自由。(人格の自由)

・ 自分の労働力以外に市場で売るものを持たない自由。(生産手段からの自由)

二重の意味で「自由」な労働者を「鳥」に例えたわけです。

 

日本の雇用状況(とりわけ「就活」)のきびしさは、

労働者が「自分の労働力を市場で売ることさえできない不自由」にあります。

一方で、保育士や介護職員がかっての看護婦のように慢性的な不足状態に陥っています。

 

企業における「人」の問題の専門家である社会保険労務士にとって、

いま求められている課題は何かを考え続ける1年としたいと思います。

 

皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

2017年元日